UVが原因となる色焼けする理由

長い時間、紫外線を受けると日焼けをするのは、数多くの方がわかっているんです。日焼けしちゃう元となる紫外線というものは、いったいどういうものでしょう。

UVというものは、太陽の光の1種類で、タイプをA波・B波・C波と3つに選別することができます。硝子のような光を通す物では、紫外線光A波を防ぐことは困難で、皮ふへと達します。ガラス越しに太陽光線を浴びてた際や、車で外出をする際にも、UVA波というものは通るため陽焼けしてしまうのです。

いっぽうで、UVB波というものは雲で遮断出来る為、雲がかかっている日や、雨降りの日減衰します。天気で照射の量が変わるUV量とは、此のUVB波なんです。

紫外線C波が日焼けしちゃうことに関わりはないんです。理由は、UVC波はオゾン層を通り抜けたりしない為です。

a波は、窓ガラスを通ることができるため、皮膚の奥にある真皮にまで到達するのですが、有害度合でいうならb波ほどじゃないといいます。

皮膚の日焼けしてしまうことを考えるのであれば、部屋で紫外線をうけてしまう為、常に対処をとる必要性のある太陽光なんです。皮ふの色が褐色になる事が、日焼けの働きではじゃないんです。しみやくすみが出来るし、肌のたるみや肌老化元にもなってしまうものなのです。

UVで陽焼けをしちゃうのは、肌をガードする為にメラニンを増やす、防御策です。褐色に焼けてしまった元気な印象を相手にあたえますが、肌年齢という点から考えているとお肌にとっていいことじゃないため、対処ががたいせつなのです。